【実践】刺さる記事の書き方は、一つのパターンだけで良い

編集長Mです。


普段から見ていて感じますが
サラッと読んでいて、眠くなる文章が多いような気がします。


要は、退屈な文章で
心に「刺さる」要素が全くありません。


また、刺さる記事の書き方を知りたいという要望があるので
具体的な方法を解説していきます。


【実践】刺さる記事の書き方は、一つのパターンだけで良い

ちなみに、僕の文章はかなり強いと自負しています。


結構遠慮しない文章を書きますし
ストレートに感情をぶつけることが多いからです。


そんな僕が考える「刺さる記事の書き方」は一つしかありません。


●想定読者を一人に限定する




これだけです。


よく言われることですが
大多数に向けて記事を書くより
一人に向けて、記事を書いた方が刺さりやすくなります。


よくよく考えてみてください。


スピーチを聞いているのと
1対1で話しているとでは、どちらが真剣になりますか?


僕も退屈な話が嫌いな方なので
スピーチを聞いているついつい寝てしまうことがあります。


完全に寝てしまうと問題が起きるので
話を聞いている振りをして寝ています(笑


しかし、1対1で話しているは
自分に対して話してくれていることが分かりますので
真剣に話を聞き、話すようにします。


実は、これが「刺さる記事」を書く基本です。


刺さる記事の書いても、アクセスは集まるのか?

一人に対して記事を書くと言われると
このような疑問が浮かぶ可能性があります。


「それで、アクセスは集まるのか?」


今まで、集客の事ばかり考え
アクセス量で勝負してきた人ほど
一人に対して記事を書くことに不安を感じるかもしれません。


例えば、分かりやすい例で
トレンド系のブログなど、まさに、その典型例です。


現在話題になっているネタで記事を書き
膨大なアクセスを集める方法です。


このような方法は
確かに当たれば「膨大」なアクセスを集めることができますが
不特定多数に記事を書いているので、相手には刺さりません。


「ふ~ん、そうか」


くらいに感じて
すぐに、ブログから離脱していきます。


実は、これは非常にもったいないことをしています。


要は、話題があるかどうかを基準にして
ターゲットの絞り込みができていないからです。


逆に、一人に対して記事を書くと
アクセス量は減りますが
じっくりと記事を読んもらえる効果があります。


また、じっくりと記事を読んもらえるという事は
相手を納得させる効果もあるので
商品広告に誘導しやすいという効果もあります。


ですので、収益を発生させるという意味でも
非常に有利なのです。


刺さる記事の書く簡単なコツ

一人に対して記事を書くことは
刺さる記事を書く基本です。


また、一人に対して書くことで
その後ろにいる「100人」「1000人」に
アピールすることができます。


この辺は、文章だけでなく
スピーチが上手い人にも共通していて
上手い人ほど、「一人の聴衆」に対して語りかけます。


そうすると

「僕のために話してくれている」

「私のために話してくれている」


このように聴衆は感じるのです。


ですので、文章にしても
スピーチにしても、相手の感情を揺さぶりたいなら
相手は、一人に限定することが大事です。


また、その一人の相手に対して
ストレートに言いたいことを伝える事も大切です。


変に遠慮してしまうと、それだけで弱くなるので
言いたいことを、ストレートに文章化するようにします。


「A君に嫌われたらどうしよう?」

「B君は、どのように感じるだろう?」


このように、不特定多数のことを考えるほど
文章の力は弱くなります。


A君、B君のことは一切考えないで
C君一人のために、記事を書くのが「刺さる記事」を書くコツです。


よく言われる「八方美人」タイプの記事は
アクセスを集めても相手に刺さりませんから
やはり、自分のメッセージが相手に届きにくくなります。


刺さる記事の書くのは難しくないか?

中には、要領は分かったけど、
本当に、自分でそのような文章を書けるか
不安を感じる人がいるかもしれません。


当たり前ですが、最初からパーフェクトにできる人はいません。


最初は

「誰に対して記事を書くか」

これをしっかりとイメージしてから、記事を書き始めてください。


集中力がない時など
誰に対して記事を書いていると忘れることもありますが
そのような時は、記事タイトルなどを見て
誰に対して記事を書いているか
思い出すようにします。


最初は、こんな感じで構いません。


そして、相手に気を使いすぎるのではなく
あくまでも、1対1で話していることを
想定しているわけですから
自分の感情をストレートにぶつけるようにすると良いです。



ここで、どうしても吹っ切れない人のために
自分の感情をストレートにぶつけるコツを紹介しますが
ブログはあくまでも自分の「城」なので
何を言っても構いません。


要は、自分の家で話しているのと一緒なので
何を言っても問題ありません。



そのように考えるようにすると
ストレートに感情をぶつけた
相手に刺さる記事を書けるようになります。


もちろん、最初から完璧にこなすことはできませんから
最初は意識するだけで構いません。


文章が下手でも、刺さる記事が書ければ稼げる

僕も以前から感じていたのですが
文章が上手い人ほど、サラッと読める傾向があります。


要は、癖のない文章で、思考することなしに
スラスラと読むことができてしまうのです。


結構、「優等生タイプ」の人が書いた記事は
そのような文章が多いような気がします。


まあ、あくまでも僕の主観ですが
一方、学歴がない人が書いた文章は癖があり
個性が強いので、思わず引き込まれることが多いです。


結構、このような傾向があるので
自分なりに分析してみたのですが

●優等生タイプ(パターンにハマった記事を書く)

●学歴がない人(相手一人に対して、ストレートに意見をぶつける)


すべてが、このパターンに当てはまるわけではありませんが
そのような傾向が強いです。


また、僕は、ブログアフィリエイトを専門にしていますが
大きく稼いでいる人ほど、癖の強い文章を書きます。


その中には、決して上品でもないし
どちらかと言えば、下手な文章が
意外に、読んでいると引き込まれたりするのです。


アフィリエイト稼ぐ人=文章が上手い人


このようなイメージを持つ人が多いのですが
実際は、違います。


文章が下手でも、品がない文章でも
相手に「刺さる記事」を書くことができれば
大きく稼ぐことができます。


手が止まるなら刺さる記事はか書ない方がいい

刺さる記事の書き方を覚えた方が良いのは
ある程度の経験がある方です。


もちろん、意欲があるなら
刺さる記事を書くようにすればいいですが
もし、手が止まるようであれば、まずは、記事を書く作業に慣れた方が良いです。


記事を書く基本は
自分のブログのターゲットが必要としている情報を
記事にして投稿することです。


まずは、その作業を徹底し
狙ったターゲットに向けて記事を書けるようにしてください。


そうすれば、「刺さる記事」の一歩手前くらいまでは行けます。


これが普通にこなせるようになった後に
よりターゲットを絞り込み、
一人に対して記事を書くようにすると良いです。


もしかしたら、「刺さる記事」を書く方法としては
この方法が一番無難かもしれません。


無理をせずに、刺さる記事の書き方を覚える
一つのパターンとして参考にしてください。


まとめ

刺さる記事の書き方は
一人の相手に対して記事を書くこと。


そして、遠慮するのではなく
自分の感情をストレートにぶつけることが大切です。


ここを意識することができれば
相手に刺さる記事を書くことができるようになります。


それとビジネス系の【PR】になるのですが
インターネットを利用した、簡単に稼げるノウハウを
無料レポートにまとめたので、ご覧になってみてください。

かなり効果的な内容です!

>無料レポートはコチラ


PS

記事を読んで、解らないことや質問あれば気軽にメールください! !
初心者の方も大歓迎です。

編集長に相談する


『ネットビジネスの新戦略』
〜人気ジャンルでしっかり稼ぐ方法〜






関連記事

    None Found
サブコンテンツ

プロフィール

Author:編集長M

はじめまして 編集長Mです。

現在、某出版社で雑誌の編集長をしています。以前からネットの世界に興味があり、本当に稼ぐことができるか検証していきます。

PS.固い職業に見られがちですが、いたって普通の男です。

気軽に絡んでください^^

⇒詳しいプロフィール

お問い合わせフォーム

編集長に問い合わせる!
些細な疑問でもOKです
気軽にご連絡ください^^

アダルト最新ノウハウが凄い!!

アダルトで荒稼ぎする
超強力ノウハウが登場!!


最新SNSアフィリノウハウ!!

文章を書くは一切必要なし!!
画像だけで稼げる衝撃ノウハウが登場!!


稼ぎたいなら車特化型サイトです!!

半放置で稼げます!!
安定収入が稼げる資産型サイトの作り方を学べるのは、このノウハウだけです!!


最強のYouTubeノウハウ!!

動画で稼ぐならこれしかない!!
最強ノウハウで荒稼ぎする方法!!


このページの先頭へ